生演奏がついて、歌手がいて、ダンサーがいて「歌と演技とダンスが同時に楽しめる舞台」そう言われると、どんな舞台を思い浮かべるでしょう。

私自身、こう言われたら「ミュージカル?」と言ってしまいそうですが、この要素は全部オペラにも当てはまるのです。、それもそのはずで、現代の音楽劇と言ってもいいミュージカルはオペラから誕生しているのです。

 

オペラとミュージカルの誕生

オペラが生まれたのは16世紀末のイタリア、ミュージカルが生まれたのは20世紀初頭のアメリカ、時代も文化も違うところで生まれたこの2つのジャンルですが彼らはいわば、親子のような関係なのです。オペラはルネサンス時代の後期に、古代ギリシャの演劇形式を復活させよう、という活動の中から生まれました。つまり、歌と演技を同時に存在させた舞台、これがオペラとして形作られていきました。

 

その後オペラは、貴族の楽しみとして、庶民の楽しみとして。ヨーロッパ中に広がっていきました。時代は進み、19世紀中頃、パリで新しい形式のオペラが流行りました。これが「オペレッタ」です。

オペレッタは、日本語では喜歌劇と訳されることが一般的ですが。直訳すると、「小さいオペラ」のような感じになります。喜歌劇の名前の通り、愉快で、ハッピーエンドなストーリーが特徴で当時としては、非常に気楽に楽しめる音楽劇でした。

オペレッタのオペラとの最も大きな違いは、音のない地のセリフがあることです。

オペラには、オペラ・コミックという形式を除き、ほとんどのセリフに音が付くのが一般的ですがオペレッタは普通の会話で物語が進み、感情が高ぶるシーンや要所で、歌=アリアが歌われるという作りでした。もちろん、大人数が揃うシーンでは合唱も歌われます。

 

オペレッタからミュージカルへ

オペレッタは、その後ウィーンに伝わり「ワルツの王」と呼ばれるヨハン・シュトラウス2世などにより、爆発的な人気を得ます。それからは、イギリスへ伝わり、当然のようにアメリカにも伝わります。

20世紀前後のアメリカは、工業化、人口の増加などにより、現在まで続く、世界における大きな発言力を持ち始めていました。当然、文化的な成長も遂げており、アメリカ人作曲家も登場し始めました。

 

オペレッタがアメリカに伝わると、アメリカ人作曲家や、ジャズなどと出会います。その中で、オペレッタの形式とアメリカの音楽が融合し、ミュージカルが生まれました。ミュージカルの、普通の会話で物語が進み、感情が高ぶると歌うのはオペラやオペレッタゆずり、ポップな音楽はアメリカゆずり、というわけです。

 

ミュージカル黎明期

20世紀に入ると、オペラとミュージカル、両方の作品を残す作曲家が現われます。その代表は、ジョージ・ガーシュインや、レナード・バーンスタインらです。特にバーンスタインは「ウエスト・サイド物語」という現在でも非常に人気の高いミュージカルを残しています。

ガーシュインは、ラプソディー・イン・ブルーという有名な曲を残していますが、彼はまさに、アメリカでミュージカルが誕生していく時代に生きた人でした。彼のオペラ作品には、「ポーギーとベス」というアメリカを舞台にしたオペラもあります。

彼らのような作曲家たちの活躍があり、ミュージカルというものは、アメリカから世界中に広がっていきます。

その後、ミュージカルは歌手が本格的なダンスも踊ったり、マイクを使用したりなど、オペラとの区別化が進みますがその区別の内容や違いなどは、今後お話していきたいと思います。