〜どんな男もいずれは女に落ちるものさ〜

オペレッタメリーィド

作曲者:フランツ・レハール

初演:1905年 アン・デア・ウィーン劇場

言語:ドイツ語

 

オペレッタ「こうもり」と並び、ウィンナ・オペレッタ(ウィーン・オペレッタ)として欠かせない作品、それがこの「メリー・ウィドウ」です。原題のDie lustige Witweは「陽気な未亡人」という意味で、日本でのメリー・ウィドウという呼び名は英訳からきています。

「陽気な未亡人」というのは、物語の中心にいる大富豪の未亡人、ハンナのこと。彼女が所有している亡き夫の財産の行方と軽やかながらも上品なレハールの音楽がこのオペレッタを愉快なものにしてくれています。

 

パリのある架空の国、ポンデヴェドロ国の大使館、ポンデヴェドロ国王の誕生日を祝うパーティーが開かれています。参加者の話題は、夫をなくし、多額の遺産を所有している未亡人ハンナ。彼女と結婚すれば莫大な遺産は自分のものになるわけです。ポンデヴェドロの公使、ミルコ・ツェータ大使はハンナがパリの色男なんかと結婚していまえば、ポンデヴェドロ人であるハンナが所有している遺産がパリに渡ってしまうことになってしまうと気が気ではありません。

ツェータ大使はそれを防ぐために、ポンデヴェドロ人のダニロ・ダニロヴィッチ伯爵にハンナとの結婚を勧めます。ですが、ダニロはそれを頑なに拒みます。ですが、 ハンナとダニロは昔からの知り合い、言葉では言い表せない何かをお互いに感じ取っていました。やがて、ツェータ大使の妻の浮気疑惑や、離婚騒動などもあり、最後にはハンナとダニロが結ばれることで幕がおります。

 

少し登場人物が多めのオペレッタですが、ハンナと素直になれないダニロの恋路を見守る話の流れはわかりやすく、オペレッタでの人気の作品です。劇中は楽しさが尽きることはなく、終演すれば温かい気持ちに包まれたままベットに入ることが出来るでしょう。

 

【登場人物】

・ハンナ・グラヴァリ(ソプラノ):多額の財産を相続した未亡人、ポンデヴェドロ国の人間

・ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵(テノール):大使館で働く一等書記官。かつてハンナとは恋仲だった、同じくポンデヴェドロ人

・ミルコ・ツェータ男爵(バリトン):ポンデヴェドロ国のパリ駐在公使

・ヴァラシエンヌ(ソプラノ):ツェータ男爵の妻、元踊り子

・カミーユ・ド・ロジヨン(テノール):大使館で働くフランス人。

・ニェーグシュ(バリトン):大使館の書記官。執事みたいな存在

 

あらすじ

第一幕

パリにあるポンデヴェドロ国の公使館。同国の国王の誕生日を祝うパーティーが盛大に催されている。主催はパリ駐在のポンデヴェドロ国大使、ツェータ男爵。莫大な遺産を相続した未亡人、ハンナのことをパーティーの参加者達は話題にしている。今夜、このパーティーに訪れるハンナに多くの男性がアプローチするのは明らか、そんな光景を見てツェータ大使は母国人の莫大な遺産が、パリの色男にでも持っていかれたら大変だ、と心配している。

そ んな中、ツェータ男爵の妻、ヴァラシエンヌはフランス人のカミーユ・ド・ロシヨンから言い寄られています。彼は彼女に扇子に「君を愛す」とまで書いてしまう始末。そこへ、話題のハンナが現れます。パーティーの参加者の視線は一斉にハンナへ、男性からも女性からも注目を集めるハンナ、この騒ぎでヴァラシエンヌはカミーユからの言葉が書かれた扇子を失くしてしまいます。

 

ハンナが去ると、マキシムというお気に入りのキャバレーから帰ってきたダニロが酔っ払いながら登場します。書記官ニェーグシュの介抱を受けたダニロのもとに、ハンナが現れます。かつて恋人ながらも身分の違い故に別れた2人の再会でした。お互いフリーとなった今も素直になれない彼ら。

ハ ンナが去ると、ツェータ男爵が現れます。手には「君を愛す」と書いてある扇子を持って。誰の扇子かはわからない様子のツェータ男爵は、ダニロにハンナの遺産が他国に流れないように彼女の結婚しろ、と言いますがダニロは拒否。だが、他の男がハンナに近づかないように計らうと約束します。

公 使館の大広間では、ダンスが始まろうとしており多くの男に言い寄れハンナは疲れ気味。ヴァラシエンヌはハンナにカミーユを推したりもしますが、ハンナはダ ニロを指名。するとダニロは、ダンスのパートナーの権利を1万フランで売ってやる、と言いますが誰も買おうとする人はいません。そんな扱いをされたハンナ はもう帰ろうとしますが、人のいなくなった大広間でダニロはハンナの手を取り踊り始めます。お互いに憎まれ口をたたきながら。

 

第二幕

ハンナがパリに所有する屋敷の庭。ハンナは多くの客を自宅に招いていました。そこで彼女は故郷の歌「ヴァリアの歌」を披露します※1。民族衣装に身を包んだハンナが歌い終わると、ダニロが現れますが相も変わらず2人は憎まれ口ばかり。ツェータ男爵はカミーユという色男が最も危ない、彼に気をつけろとダニロに再度指示を出します。ツェータ男爵が拾った扇子の持ち主探しもダニロは頼まれ、色々な女性に扇子のことを効いているうちに男達が集まり、女の扱い方について話し合い酔い潰れます。※2

 

第二幕第二部

再び、ハンナと二人きりになるダニロ、お互いの気持ちが通じ合いはじめますが、ハンナは去って行ってしまいます。そこへポンデヴェドロ国の内務省から電報が届きます。「ハンナの遺産を必ず守れ」と。この電報を見たダニロとツェータ男爵は対策を寝るために、20時に小さな小屋で落ち合うことに。

入れ替わりにヴァラシエンヌを追いかけカミーユが現れますが、ヴァラシエンヌはテーブルに置きっぱなしになっていた扇子にある言葉を書き足し、彼の誘いを断ろうとしますが、結局は2人で小部屋へ。そこへヴァラシエンヌの夫であるツェータ男爵が20時が近づいたため小部屋に入ろうとしますが、ニェーグシュがなんとかごまかします。けれどもツェータ男爵は自分の妻の姿を見てしまい、彼女を小部屋から出そうとします。

すると出てきたのはカミーユとハンナ。ニェーグシュとハンナが機転をきかし、ハンナとヴァラシエンヌとで入れ替わったのです。皆が驚いていると、他の参加者も集まると、ハンナはカミーユと結婚すると宣言します。ハンナに素直になれずにいたダニロは怒りと悲しみが押し寄せ、マキシムへ行ってしまうのでした。

このダニロの反応を見たハンナは彼の気持ちを確信し、「パリらしい」結婚生活を祝う大合唱を歌います。

 

第三幕

同じくハンナの別邸。元マキシムの踊り子だったヴァラシエンヌと現役の踊り子らがキャバレー風の出し物をいくつか披露します※3

出し物が終わると、ポンデヴェドロの内務省からさらに電報が。内容は「ハンナの遺産が他国に渡れば、我が国は破産する」といった内容。これを見たダニロはハンナに祖国の破産の危機などを話し、カミーユとの結婚を防ごうとします。ハンナはそれをすんなりと受け入れ、安心したダニロは思わず本心を言いそうになりますが、やはりまだ素直になれず、お互いの想いを歌に乗せます。※4

 

ダニロは、ツェータ男爵にハンナとカミーユの結婚がなくなったことだけ報告し、カミーユが密会していたのは誰だと男共の間で話題になります。そこで、ツェータ男爵は以前拾った「君を愛す」と書かれた扇子がヴァラシエンヌ、自分の妻のものだとわかり離婚を宣言。その勢いでハンナにプロポーズします。

すると、ハンナは「遺言によれば、私は再婚すると遺産を相続する権利がなくなる」と言い、それを聞きたツェータ男爵はプロポーズを辞退。今度はダニロがハンナにプロポーズします。彼は莫大な遺産目当てでハンナと結婚した、と思われるのが嫌だったのです。ずっと待ち望んだダニロの告白を聞いたハンナは遺言の続きを話します。「遺産は私ではなく、新たな夫に相続される。」これで無事にハンナの遺産は守られることになったのです。

だが、勢いで離婚したツェータ男爵は扇子に納得しよう様子。するとヴァラシエンヌは扇子をよく見なさい、と言います。そこには「私は貞淑な人妻です」とヴァラシエンヌが書き足した一言が。これにより彼らの誤解もとけ、「女の扱い方」を歌い、賑やかに幕が降りる。

 

解説

ただ愉快なだけでなく、洗練された上品が音楽が特徴の「メリー・ウィドウ」オペレッタによく見られる同じ曲の多用もなく、あったとしても登場人物の心境を効果的に表しており、実にうまく作られています。このオペレッタが作曲者フランツ・レハールの出世作とは思えない完成度です。

オペレッタの内容としても、ハンナとダニロの恋の行方を軸にヴァラシエンヌとカミーユを対比させ、「女の扱い方」へ上手に収束させることでわかりやすい話の流れを作り、感情移入の部分でもダニロの素直になれない心は見ているこちらがやきもきしますが、それすらも心地良いですね。

ちなみに、ダニロは最初からハンナのことを想っていましたが、かつて身分違いの恋をしたことや、遺産目的の結婚と思われたくないという思いが素直になれなかった明らかな理由ですね。それ以上の理由は、各演出家の描き方に任せましょう。

 

【有名曲紹介】

※1「ヴァリアの歌」

ハンナの故郷の歌であり、賑やかな重唱やロマンチックなアリア、二重唱が多いメリー・ウィドウの中でも独特な雰囲気の漂う曲です。民族衣装を着たハンナが、自分の屋敷に招いた客をもてなすために歌います。

 

※2「女の扱い方」(女・女・女のマーチ)

オペレッタ「メリー・ウィドウ」を代表する曲。「どんな女でもいずれ男は落ちてしまう」と女の扱い方の難しさと魅力を賑やかに歌います。カーテンコールの前後にアンコール的に演奏されることも多い楽しい曲。

 

※3「グリゼットの歌」

キャバレーマキシムの踊り子達と、元踊り子のヴァラシエンヌが歌う歌。キャバレー風の曲調で、踊りも必要となっており、動ける歌手がヴァラシエンヌを演じていると一層舞台が華やかになります。

 

※4「唇は語らずとも」

ハンナのカミーユとの結婚は偽りであると安心したダニロ、まだ素直になれない彼が自分の想いを歌に乗せて歌います。それにハンナも合わせ、彼らの心が通じ合っていることが分かる非常にロマンチックな二重唱となっています。

「手が触れるたびに分かる、本当に愛してくれてるのだと」